オハナアカアカ Ohana `aka`aka 愉快な仲間たち

ハワイアンカフェ Launa Olaに集うフラとウクレレの仲間のブログです。

Entries

鵜飼ツアー

先日はフラ仲間と鵜飼ツアーへ行ってきました。
雨の予報でしたが、お船に乗っていた時だけパラパラ降った程度で、助かりました。
家に帰ったあと、その夜はすごい雷で、家の中で震え上がっていましたけど。

さてさて、鵜飼を見物する前に嵐山の料亭錦で桜宿膳料理をいただきました。
ツアーに含まれています。

個室を用意してくださって、1品づつ仲居さんが膝をついて出入りしてくださって・・・。
お料理も素晴らしく美味しかったですが、美しい作法やさりげない話しかたなど、
お勉強になることばかりで、とってもお値打ちなツアーでした。
女将さんも数回お見えくださって、一緒に写真を撮ってもらいました。


お料理は、ひとつひとつこだわって作ってありました。


お月見に見立てて、うさぎの顔がありますね。大根でした。

P1000151.jpg

臼の中に入っているのは、月見の餅だそうです。ゆずのあんのお饅頭です。
鈴虫のカゴの中にもぶりの煮付けが入っています。
(ただの飾りやと言っている人もいましたね)
下段の奥が見えませんが、ちゃんと入っていますよ


nisiki2.jpg


あゆは3枚におろして、もち米の粉で揚げてあるそうです。頭も骨もしっぽ(尾びれ)も、全部いただけます。
食べやすくしてくださっているんですね。

P1000155.jpg

メヒビのお雑炊。おかわりをとおっしゃっていただき、厚かましく2膳もいただきました。


P1000158.jpg


ゆ~~~っくりとお食事をいただいて、鵜飼に出発。
仲居さんが船着場まで送ってくださいました。


私の携帯は夜は弱いようで、あまり綺麗に写ってません
鵜飼がこんなに蜉蝣(カゲロウ)が雪のように舞っている中で行われるなんて知りませんでした
船の中にもブンブン入ってきます。わああああ

だいっきらいな私でしたが、
みんながいろんなジョークを飛ばしてくれるので、笑ってしまって、なんとか切り抜けられました

P1000161.jpg

P1000165.jpg


P1000171.jpg

とっても従順な鵜たちで、出陣前の船のへさきに身動きもせず
シュンとして綺麗に並んでいたのが可愛かったです。

「それいけ~それいけ~っ」と首に縄をつけられた鵜を、
まるで奥さんが旦那さんを仕事に行かせる時みたいやなあといっている人もいましたね。
獲物を飲んで帰ってきたら、「さあ吐け~」って?


そう考えると、鵜も夫たちもかわいそうなのかなあ(*゚▽゚*)
でも、そうやってあてにされるうちが花ですよね






話は変わりますが、うちのメダカたちは、メダカを愛するフラガールたちに貰っていただきました。
これでうちの母のしごとも、ずいぶんなくなって、楽になると思います。ありがとうございます。

P1000145.jpg






  • [No Tag]

裏見の滝

母方の先祖のお墓参りの途中に、岩井の滝に寄りました。
赤和瀬渓谷の美しいこと。
赤とんぼがすごい数群れ飛んでいました。
そして、オニヤンマも5~6匹見たでしょうか。

岩井の滝は珍しい、裏からも見られる滝で、裏見の滝と呼ばれています。

P1000045.jpg


滝に行くまでにはちょっときつい山道を登らなくてはいけません。
いま駐車場が工事中で普段より余計に歩くことになっています。

駐車場で車を降りると、森の香りが。
久しぶりでフィトンチッドたっぷりの森林浴です。

P1000046_20170829151553b37.jpg



「こんにちわ」と声を掛け合います。
しんどいところで、声をかけてもらうと、「頑張ろう」と思いますね
途中で冷たい山水が飲めるようにもなっていました。


P1000012_20170829145323e3e.jpg



表から見た滝

P1000024_20170829145325a48.jpg

横から見た滝

P1000028.jpg


P1000039.jpg


裏から見た滝

P1000037.jpg


ハワイのオアフ島のマノアの谷のツアーを思い出しました。
最終に滝があって、よく感じが似ています。
マノアはたいてい霧雨(ツゥアヒネ)が降るので
もう少し歩きにくかったかな。
そしてもっと距離はあったように思いますが。

ここ岩井の滝は、渓谷があり、岩から生えている大木などが見られて素晴らしいです。



そして足を伸ばして、蒜山高原へ行ってみました。
数日前まではひまわりがあったようなんですが、刈り取られてしまったのでしょうね
雄大な景色です


P1000095.jpg

ハイビスカスと牛って、珍しいですね

P1000098.jpg


ハワイと同じく、すごく大きいハイビスカスです


P1000100.jpg



最後は聚楽園へ

大名式庭園で、綺麗に管理されています
入園無料でしたが、夏休みも終わりだからか、静かでした。
町中でしたが、こんな素晴らしいところが近くにあるといいですね。

オタマジャクシがものすごい数いて、全部カエルになったら、どうなるのだろうと
心配になりました。

P1000123.jpg

錦鯉も悠々泳いでいます

P1000128.jpg

今は、蓮が見事でした。
P1000121.jpg


P1000126.jpg


さてさて、目的であるお墓参り。

お墓には、石塔に刻んである字の片隅にカエルさんが住み着いていました。
あんな暑いところにいて大丈夫なんでしょうか。
でも、なにか、ご縁を感じて、静かにそっと水をかけて、
見守っていてくれるようにと念じました。

P1000130.jpg

母方父方どちらの祖父母とも、私が小さい時に亡くなっているのでほとんど何も覚えていませんが、
祖母は農業の傍ら蚕から糸を取り、染めてはたを織り、
反物にしてきものを作ったり、醤油味噌もつくり、鶏を飼ったりと、
母から聞くに付け、すごいなあと、思います。
全部手作りだったんですね。

今のこんな便利な世の中に生まれてきて、
自分が、生きるための、なんの能力も持っていないことが恥ずかしいです。

せめて、お墓参りくらいは時々行かなくてはと改めて思いました。
でも、遊びついでなんて、ダメですよね

ごめんなさい







  • [No Tag]

ベタ



ホームセンターのペット売り場でコップの中のベタを見て、美しくて買ってしまいました。
優雅な泳ぎ姿が、フラを踊っているようで。見ていて飽きません。

P1000019.jpg

光の当たり具合で、緑っぽく見えたり、尾っぽにも赤い色があったりと、きれいです。

P1000010_201708222125331ec.jpg


ベタは肺呼吸できるので、ブクブクや水草がなくても生きられるようです。
だから、あんな狭いコップの中で売られているのですね

それと、闘魚というらしく、一匹で買うのがいいということでした。

顔を近づけると、寄ってきますし、気配のある方に回り込んできます。

人懐っこいと思っていますが、
ほんとうは戦おうとしているのかもしれません

だいぶピッチャーにも慣れてきて、
悠々と泳ぎ回っています。
やはり、広いところの方が気持ちいいのかな。

鏡を見せると、大きくヒレを広げて威嚇します。
これを、時々行うと、ヒレが綺麗に保たれると書いてありました。

面白いですね

P1000006_20170822214009017.jpg


  • [No Tag]

買い物

母とお盆の仏まつりの供え物を買い物に行きました
母との買い物はとても疲れます。
杖をついてヨロヨロ歩くので、転倒しないか、
人の迷惑になってないか、ハラハラします

それでも、久しぶりに自分で選ぶことを楽しんでいるのか、
時間をかけて茄子を選んだり、
物珍しいものに驚いたりしています。
あとで、ぐったり疲れるだろうことは分かっているのですが、
その楽しみを奪ってしまうのもなあと、その見極めが難しい

赤ちゃんも、寝ていたのが少したってヨチヨチ歩き出すと、
お母さんは目が離せず、
ハラハラしながら見守っていますが、
人生終わりも、そういうヨロヨロの時を経て
今度は反対に寝たままになっていくのかもしれませんね。
そう思うとこういう時期も、後になれば
大切な時間になるのだろうなあと思い直す毎日です

今日は、すこうし、愚痴りたかったのですが、
こうして文章にすると、自省になってしまいますね
だから、書く事はいいのかもしれません


さて、物珍しいといえば、
最近テレビでも取り上げられたという
「ドラゴンフルーツ」を売っていたので買ってしまいました

P1000007_2017081116141837a.jpg




まだ切っていません。
母は、人生で初めて食べるであろうこの果物を、楽しみにしているようです。



お友達から、ブリザーブドフラワー オン・ディシューをいただきました


P1000003_20170811161443058.jpg




涼しげで、心洗われます

ありがとうございます








  • [No Tag]

パイプオルガン

先日またまたいずみホールに
今度はパイプオルガンを聴きに行ってきました

前回はじめていずみホールに入った時に、
正面にあるパイプオルガンを聞いてみたいと思ったところ
今回のコンサートがあるということで、汗カキカキたどり着きました

奏者はオリヴィエ・ラトリーさん、ノートルダム寺院の正オルガニストでもあられた方で、今回はバッハでした
トッカータとフーガ2短調は素晴らしかったです。6声のリチェルカーレも夢の中のようでした。

パイプオルガンは目から入るものがなく、
耳に集中できるので、目を閉じて自分の世界に深く入り込めます。
それが不器用な私には合っているのかなあ

ガラガラかなあと、当日行ってみたら、、
満員で、ポツポツとしか空いていませんでした

男性のかたも結構いらして、老若男女、ファンの幅広さを感じました

突発性難聴を患ってからは、いつも持参の耳栓は手に握っていましたが、
驚くことにパイプオルガンの音はまったく自然に耳に入ってきて、
もっともっと聞きたいと感じました。左右同じように感じました

しかし、司会の方がマイクではなされる音は耳の中で共鳴して、
やはり、一定音量以上は耳栓がいるかなあという感じでした。

不思議ですねえ。。。

いずみホールのパイプオルガンのパイプ数は3623本、
京都コンサートホール大ホールは7155本らしく、
世界初、尺八、篠笛、ひちりき、笙の音色も出せるとか。

お琴の音も出たらいいのになあ

一度京都コンサートホールの演奏も聴いてみたいと思います。





  • [No Tag]

Menu

Entry

Trackback

Profile

launa ola
[author]
launa ola
[profile]
高槻市上牧南駅前町(阪急京都線上牧駅徒歩3分)に2009年6月1日にオープンした小さな小さなハワイアンカフェlauna ola (ラウナ・オ ラ)です。
Ohana `aka`aka のフラのレッスンやウクレレサークルをしています。
また、水~金10時から17時は、”やぶさん” がおうちカフェを開いています(カフェのノボリがあるときは開店しています)http://mylauna.blog115.fc2.com/

普通の家なのでわかりづらいかもしれませんがお気軽にお尋ねください。


●レンタルスペースとしてもお使いいただけます。(予約制)
  お仲間とのお稽古、団欒に・・お問い合わせください。
  18帖(カフェ部分)鏡つき床暖あり
   

〒569-0004 高槻市上牧南駅前町5-18
(阪急京都線上牧駅より徒歩3分)
℡ 090-8369-4295
メール launa_ola_kei@softbank.ne.jp

地図


171号線沿いです。

(上牧駅からのたどりつき方)
阪急上牧駅の改札を出て左手に車道があります。それに沿って南下(左折)して歩くと171号線に出ます。信号を西(右手)に渡り、横井整形外科を右手に見て王将を通り過ぎると右手にコンテナ置き場があり、その奥にピンクと黄色の色の家が並んでいます。その黄色い色の家がLauna Olaです!!!Ohana`aka`akaの看板が出ています。